【もう遅い?】ペットフードは軽減税率が適応されるか。徹底解説!

  • 2019-08-29
  • 2019-10-25
  • 雑記
  • 1571view

2019年10月1日から消費税がこれまでの8%から10%に変わることは日本人であれば誰でも知っていることですよね。

そこで疑問になるのが軽減税率が適応されるものと適応されないものの差です。まだ世の中の認識が曖昧なものがたくさんあります。その中の1つがペット用品です。

ペットフードの値段は意外と高くペットを飼っている人にとってかなり痛い出費になっていると思います。消費税増税前に買うべき2つの理由を挙げたいと思います。

 

ペットフードは軽減税率の対象にはならない!

10月から施行される軽減税率は、食品&週2日以上発行されるの定期購読の新聞が対象です。

 

ペットフードも食べることができるから軽減税率の対象になるの!?

 

ペットフードは軽減税率の対象になりません

 

なぜかというと「飲料食品」とは、「人の飲料又は食用に供されるもの」と定義されているからです。ペットフードは人が食べるわけではないので軽減税率の対象にはなりません。

 

ペットフードは賞味期限が長い

ペットフードは人が食べる食品と比べて基本的に賞味期限が長いです。ほとんどのペットフードは短いものでも1年以上、缶詰などの長いものだと3年以上の賞味期限があります。

賞味期限とは美味しく食べられる期限なので多少過ぎても問題ありません。

消費税増税前にできるだけ多くペットフードを買っておくことをおすすめします。

追記:もう遅いです。。。

 

開封後は早めに使い切ってくださいね。

 

 

最後に

ペットはいつも幸せそうに過ごしていて、私たちを癒してくれる憎くても憎めない存在ですよね。私も毎日のように癒されています(笑)

ペットを飼ううえで欠かせないペットフード。消費税が10%になってしまいましたがキャッシュレスやポイントを活用して出来るだけ安く手に入れましょう!