【新型iPhone SE情報】5Gには非対応だが買うべき複数の理由とスペック紹介

  • 2020-04-16
  • 2020-04-16
  • 雑記
  • 313view
Engadget

iPhone SEの新型(第2世代)のモデルが4月16日に発表されました。日本での発売は同月の24日に発売され本体価格は4万4800円から。

iPhone SEと聞くと2016年、iPhone 5sの時代に発売された四角くて小さくコンパクトなモデルを思い浮かべるが今回発売される新型の見た目はiPhone 8と同じで、長年コンパクトサイズを求めてきた層には残念な発表となりました。

今回発売される新型iPhone SEと今までのiPhoneシリーズとの共通点やこの新型をなぜ私がおすすめするのかをできるだけ細かく説明していきたいと思います。

 

新型iPhone SEのスペック紹介

第2世代iPhone SEのスペックは以下の通り↓

  • 画面:4.7inci
  • 寸法:138.4×64.3×7.3mm
  • 重量:148g
  • CPU:A13
  • カメラ:12MP 広角
  • 5G非対応
  • 価格:64GB/44,800円、128GB/49,800円、256GB/60,800円

 

このスペックをうまく表している文がsnsで話題になっていたので紹介すると「見た目はiPhone 8、頭脳はiPhone11」。ようは画面の大きさや寸法、カメラの数・場所はiPhone 8と同じで、性能は2019年に発売された最新のiPhone11と同等のものだということです。

また、防水性能:1mで最大30分、Wi-Fi最新型対応など重要な部分はしっかりと抑えてあります。簡単に言うと可もなく不可もなしの安心の性能でしょう。(真新しいものはないが今までに高評価だった機能を集約した感じ)

CPUなどの最新の性能を維持しつつ44,800円からという安さが魅力の新型iPhone SEについてもうすこし掘り下げたいと思います。

 

新型非対応の5Gはそもそも使える場所が限られている

5Gとは「5th generation(第5世代移動通信システム)」の略で超高速化・超多数同時接続・超低遅延が特徴で4Gに次ぐ次世代型通信システムのことです。これにより遠隔医療や自動運転が現実味を帯びてきました。

日本はもちろん世界中で注目されている5Gですが、5Gはどこででも使えるというわけでもありません。日本で使えるのは大きなショッピングセンターや駅・空港、スタジアム、携帯ショップなどで全国で約200か所ほどでしか使うことができません。使えるエリアの確認はこちらから

今、携帯会社が急ピッチで全国に5G回線を引いている最中ですがまだまだ先は長そうで、今の4Gみたいにどこでも使えるようになるには4・5年待たないといけないようです。(2025年以降だといわれている)

ドコモ 5G

この事実を知らずに携帯会社のCMだけで5G対応のスマホに固執している人が増えているので注意してほしいところです。全国どこでも5Gが使えるようになるのはまだまだ先のことなので新型iPhone SEにはほとんど関係のないことだと分かると思います。

 

 

カメラのレンズは1つだけ

最近のiPhoneはカメラの性能が上がっていていて、スロー撮影・タイムラプス・超広角・望遠機能があるなど多くの撮り方ができます。しかしスマホのカメラはあまり使わないという人には必要でしょうか?

私は長年iPhoneを使用していますが写真の趣味などはないので1ヶ月に1枚撮るか撮らないかぐらいです。カメラの性能が上がると本体の値段も比例して上がるのでカメラ機能をそこまで使っていない人には新型iPhone SEはおすすめです。

新型iPhone SEはカメラに重きを置いていないといってもiPhone 8などと同程度の性能はあるでしょう。iPhoneのカメラはレンズ1つでもデジタルカメラ4万円程度の物と性能が変わりないので心配することはありません。

 

新型iPhone SEは比較的コンパクト

年々iPhoneの本体サイズは肥大化していて近年では片手では扱いずらいほど大きくなっています。これは外国人の大きな手に合わせて作られている・性能が上がっているため大きくなってしまうという2つの理由が考えられますが、日本人の手に合わなくなってきているのは事実でしょう。

新型iPhone SEは最近発売されたiPhoneと比べてもコンパクトで扱いやすいデザインで日本人の手に馴染みやすいと思います。(同サイズのiPhone8参照)

逆にこれ以上小さい機種は今後発売されないと思います。日本人好みの大きさ、近年の高性能を持ち合わせている現時点で高レベルの機種だと思います。

 

 

新型iPhone SEにはホームボタンが存在する

iPhone8以降、壊れやすい画面が小さくなるなどの理由から廃止されていたホームボタンですが新型iPhone SEに復活しました。ホームボタンは固定されているため、やはり使いやすく多くの人が復活を求めていてsnsでは歓喜の声が聞こえてきます。

ホームボタンが返ってきたことによりtouchIDも復活しました。faceIDはマスクをしているとうまく反応しない時がありますがtouchIDならそんなことはありません。感染症が流行っている今のご時世には必要でしょう!(faceID非対応)

 

少し残念:3D touchがない

個人的に残念な点を上げるとするならば3D touchがないことです。文章の部分を強く押し込むと選択できるなど能動的に使えて便利でしたがiPhone SEには搭載されていません。

しかし最近のiPhoneにはどれにも搭載されていないので無理やりにでも慣れるしかないでしょう。(すぐに慣れるとは思います)