<使える!>1日で暗記する方法|定期テスト前やスピーチ前に役立つ!

  • 2019-06-19
  • 2020-03-21
  • 雑記
  • 169view

誰もが一度は経験したことがあるだろう「明日までに会議で喋る内容を覚えないといけない」、「明日までに英単語100個覚えないといけない」という危機的状況の時などに役立つ暗記方法を紹介していきたいと思います!

まず初めに間違った暗記方法を紹介したいと思います。

間違っている暗記方法

  1. 同じところを暗記するまで繰り返す
  2. ひたすら書いて暗記する
  3. 徹夜をして追い込む

この方法で暗記しようとしている人は今すぐにやめよう!

1:同じところを暗記するまで繰り返す

例えば英単語を1つ確実に覚えてから次の単語に移るということです。

これが一番やってはいけない暗記法です。理由は2つあります。1つ目はすごく効率が悪いということです。1通り終わるまでにものすごく時間がかかってしまいます。2つ目の理由は、内容を忘れてしまう可能性が非常に高いということです。人間の脳は20分後には約42%のことを忘れてしまうといわれています。1つ1つに時間をかけていては、最後のほうには最初の内容をほとんど忘れていると思います。

この方法で暗記しようとしている人はすぐにやめたほうがいいです。

2:ひたすら書いて暗記する

これは単純に効率が悪いです。1回書くよりも3回声に出したほうが早く覚えられます。

歌の歌詞を覚えるときも歌いながら覚えるよね!

3:徹夜をする

よく「俺、今日徹夜したわ」と言っている人をよく見かけますが、まったくもって無意味です。徹夜してしまったら本番で100%の力も発揮できませんし、いつも寝ている時間に勉強した内容はほとんど覚えられていません。

1日で暗記できる正しい方法

  1. 声に出して暗記する
  2. 順番、場所で覚えてしまう
  3. 徹夜をしない

おすすめです!

1:声に出して暗記する

声に出しながら暗記するのは効率がすごくいいです。暗記しなければいけない範囲を最初から最後まで繰り返しながら暗記しましょう!

注意:暗記する範囲を区切ってはいけません。全体を繰り返すようにしましょう

2:場所・順番で覚えてしまう

これが私がおすすめする一番の暗記方法です。「〇ページの〇個目はこの文」、「37個目の英単語はこの単語」というふうに覚える方法です。

メリット

この方法のメリットは効率よく覚えることができる、本番で思い出しやすいということです。会議での発表の前日テストの前日などに有効的です!

デメリット

デメリットはこの方法で覚えた場合約1週間後にはさっぱり忘れてしまいます。このサイトを見ている人には関係ないと思いますが…(笑) また会議やテストなどで予想外の質問が来た時にほとんど答えることができません。

使うタイミングを見極めましょう!

3:徹夜をしない

前に書いた通り徹夜をしても全くいいことがありません!記憶は寝ている間に脳に定着します。夜はいつもより早めに寝るようにしましょう。

一日の中で朝が一番頭が冴えるといわれています。朝に自分を追い込みましょう!

まとめ

一日で暗記する方法を紹介しました!

今度からは余裕をもって取り組みましょう!

ファイト!